スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてアニメーションを作った時の事

 最初にアニメーションを作ってから、そろそろ40年になる。

 中学の頃、T君という仲の良い友人がおり、(付き合いは現在も続いているのだが)、2年の時に組み替えで同じ組になった。その時、漫画をノートに書いていると、「その絵はおかしい」と言って来たのがT君である。T君は当時から絵が上手く、私の絵はその後もおかしいままだ。

 中学生だから、二人でノートにわけの分からん小説もどきを書いたり、漫画を描いたりしていた。製本して雑誌もどきにしたりしていたが、ワープロなどない時代で、「和文タイプが欲しい」と、文具店のショーウィンドウにある和文タイプを見ていたりしたが、なにしろ十万以上する代物なので、お年玉を総動員しても到底足りなかった。

 (後年、会社に入ってから、お客さんに古ーくなった和文タイプをもらった。早速「おおさか ふけい の あほどもえ」と打った所、T君に「これはまずいのではないか」と言われた。同じ頃、週刊朝日で似顔絵を描いていた山藤章二さんも、似顔絵に使う為、和文タイプ屋さんに「おおさか ふけい の あほどもえ」と打ってくれと頼んだ所、不審な目で見られたそうだ。

 1973年、中二から中三に上がる春休みに、「アニメーション」を二人で作ろう、という事になった。材料が要る、という事になり、当然お金がいる。その頃、小遣いは、月額いくらで決まっていたが、別に映画を観に行く時はその分をもらえる事になっていた。で、「「ポセイドン・アドベンチャー」を観に行く」と言って、映画代をもらい、その足で阪神百貨店に行った。当時、阪神百貨店には、カメラコーナーの一角に8mm機材コーナーがあり、セル、タップ、動画用紙、アニメ絵の具や童話社のアニメの入門書などを売っていた。本は、書店のコーナーで、予算の都合で、一番安い「漫画アニメーション」という小さい本を買った。別に、玄光社の8mmハイテクニックシリーズ「アニメと特撮」という本もあったが、その本はその時は買えなかったので、立ち読みした。「アニメと特撮」に紹介されている田中ヨシハルさんというアマチュア作家の8mm映画が、アニメ用品のコーナーで数千円という値段で商品として売られていた。

 動画用紙に二種類あり、プロ用は三穴、アマチュア用は二穴となっていた。「アマチュア用入門用セット」というのがあり、2穴のセルが10枚、動画用紙が50枚、金属製の2穴タップ一本、チューブ入りのアニメ絵の具セット、筆数本という内容で、「これを買おう」という事になり、映画代はアニメ用品に化けた。

 今から思えば、セル10枚でどうやってアニメーションを作ろうか、という事だが、その時はそこまで深く考えなかった。今から思えば、「セルの塗り方」を練習するキットだったのではなかったか。

 さて、その後、T君との製作打ち合わせは中々進まず、3年で組み替えとなり、別々のクラスにはなったが、付き合いはつづいていた。

 その年、高校受験を控えた夏休み、なぜか一人で「ペーパーアニメ」を作ろうと思い立った。当時文具店に「計算用紙」という白いB5の紙を縦長で綴じたものを売っていた。(まだあるかな?)レポート用紙の無地のようなものだ。これを一枚ずつ綴じから外してB5の紙にした。コピー用紙などという物をその辺では売っていなかった頃だ。なお、この無線綴じから計算用紙を外す方法については、「用紙の下の端を、お札を数える時のようにくってずらし、ゆっくりと横に引くと一回で全部外れる」という方法を後日開発した。

 用意した用紙を、事務用のパンチで穴を開けた。約200枚。

 話は、T君の「小説」を原作とした。

 トレス台はなく、下の絵を透かしながらなんとか作画した。この時、金属製の二穴タップのピンが事務用パンチの穴よりやや大きく、動画用紙を何回か抜き差しすると穴が広がって破れてくる事が分かった。この問題は、後日、事務用パンチ本体の穴を雌型とし、火であぶって柔らかくしたプラモデルのランナーを押し付け、事務用パンチの穴と正確に同じピンを作り、薄いプラバンを事務用パンチで打ち抜いてベースを作り、ベースの穴にピンを差し込んで「正確な二穴タップ」を作る事で解決した。
 動画用紙に鉛筆て下絵を描き、サインペンでトレスして、消しゴムをかけた。

 動画がなんとか出来上がったので、撮影にかかった。当時、コマ撮りの出来るシングル8カメラ フジカZ-1というのが家にあり、それを父親に借りた。撮影台は写真の引き伸ばし機のヘッドを外し、カメラを代わりに取り付けた。(この引き伸ばし機は今でも家にある。)写真の撮影は当時既にしていたので、カメラのセットと露出の設定はなんとか出来た。
 白黒の線画なので、白黒のフィルムを買った。1973年当時は、まだ8mmの白黒のリバーサルのフィルムがあった。後日「無くなる」と分かった時に、何本かまとめて購入して、冷蔵庫に入れておいたような気がする。

 カメラにフィルムを入れ、撮影開始。動画枚数を節約するため、「歩き」のシーンは、タップ穴を少しずつずらして、一ループを繰り返し使った。作画量低減のため、動画の手前に、切り抜いた前景を重ねたり、動画の一部を切り取って止めの部分を見えるようにしたりした。

 この切り抜きの作業を撮影中にやったため、ただでさえしんどい撮影作業がさらに大変になった。

 「止め」のカットも多い。ストーリーは手書きの字幕で説明する。

 数時間後、なんとか撮影が終わった時、撮影台の周辺は切り抜いた動画だのなんだのが散乱し、その横に「真っ白」になって「無口」になった作者がいた。

 片付けて、フィルムを現像に持って行く。動画用紙は全部ぐしゃぐしゃになったので、捨てたような気がする。

 約一週間後、現像が上がって来た。袋に入ったフィルムを持って家に帰り、映写機をセットしてフィルムをかける。

 出来上がった映画を観て呆然とした。まず、タイトルが無く、映画の途中から始まっている。フィルムはカセットの外に出ている部分は感光しているので、真っ白になる。それが分からなかったか、忘れたか、カセットを入れてすぐに撮影を始めた為、最初の部分が真っ白になっているのだ。
 写っている部分も、切り抜いて重ねた部分は紙が薄いので下が透けて見えたり、切り抜きした部分がはっきり写ってしまったりで、惨憺たる状況である。

 何回か繰り返して見てみたが、繰り返して見たからといって何かが変わる訳ではない。

 T君にも見せたが「うーん」という事のみだった。

 これが私の最初のアニメーション制作である。

 
スポンサーサイト
プロフィール

かにの社長

Author:かにの社長
1974年頃より自主制作アニメーションを作り続けています。自称「自主アニメの岩田鉄五郎」、最長不倒記録を更新中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。