スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I'm Gonna Knock On Your Door

Imgonnaknockon

 1979年6月15日、PAF5大阪会場の一部は、アニメマニアたちの異常な熱気でつつまれていた。

 彼らが待ち受けていたのは、わずか上映時間1分ほどの自主制作アニメーション、「I'm Gonna Knock On Your Door」。あまり動かない当時の自主アニメの中にあって、BGMにぴったり合った軽快な動きと可愛いキャラクターで、この年の他会場でバカ受けしていた。(頭の絵は記憶を元に描いたもので、本物はもっと達者な絵でもっと可愛いです)

 この当時の自主アニメの音付けというと、カセットテープかレコードプレーヤーで音楽を再生しながら、映写機で映写しながら録音する、というスタイルが一般的だった。この録音というもの、映写機を途中で止めて、再スタートする度に、「ブツッ」という音は録音されるわ、映写機もプレーヤーもアナログ用の家庭用機器なので、再生・録音する度に微妙に時間が違い、頭を合わせると最後が合わない、最後で合わせると頭が合わない、たまりかねて映像の長さを調節するとあらぬ方向(前後)にずれる、というものだった。たまりかねて「大体」で妥協したり、映写しながらリアルタイムで音を作ってアフレコしたり、という惨憺たる状況で、今日のデジタル編集に親しんでいる皆様には想像もつかないだろう。

 そういう中に、この作品が登場したのである。軽快なアメリカンPOPのBGMで、かなり有名な曲なのでご存知の方も多いと思うが、「カンカンカンカン」とか、「ダダダダ」という部分がかなり多い。その「カン」ひとつひとつに動きが合っていて、最後までずれずにきちんと終わるのである。

 この作品を受け付けた関係者の当時の証言によると、「一旦出品してきてから、「どうも絵と音のタイミングが納得できない」と作品を持ち帰り、再度持って来た。最初のバージョンでも十分音は合っていたのだが」という事だった。
 この作者(重田誠・武内理能)の執念がアニメマニア達の心を打ったのか、上映終了と同時に割れるような拍手が会場から上がった。

 さて、この作品の作者、あまりに達者な絵と動きだったため、当時、「ブロの仕事ではないか」という噂もあった位であるが、その後はアニメ作品は発表していない。しかし「武内理能」で検索すると、「落葉伽藍 武内理能作品集」「草瞑花想」という2冊の写真集と画集がヒットする。あまりある名前ではないと思うので、その後はこちらの分野で活躍されているのかも知れない。

 ところで、ビデオのない当時、「この作品」が上映される事を、アニメマニア達はどうして知っていたのだろうか。

 実は、当時のPAFは、東京・静岡・名古屋・京都・大阪・神戸を巡回上映していて、6月にはすでに京都・神戸での上映がすんでおり、京都・神戸で見たマニアたちが、「もう一回見たい!」という事で大阪に登場したわけである。

 8mmフィルムというのは基本的にオリジナル一本しかなく、上映を重ねて映写機を通す度に消耗していく。なので、「すぐ近所で3回も上映するのなら、大きな会場で1回上映して、北海道とか九州とかでの上映を増やせばよいのではないか」という発想が出て来ても不思議ではない。結局、PAF終了間際になって、関西のPAF上映は神戸一カ所となり、九州・北海道での上映も実現したのだが。

スポンサーサイト
プロフィール

かにの社長

Author:かにの社長
1974年頃より自主制作アニメーションを作り続けています。自称「自主アニメの岩田鉄五郎」、最長不倒記録を更新中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。