スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パララックスとの戦い

 作品のタイトル、ではない。

 その頃の自主制作アニメーションに用いられた8mmカメラはたいていは一眼レフ形式となっており、撮影用のレンズを通って来た光の一部をハーフプリズムでファインダーに導くようになっていた。ズームレンズを操作すると、ファインダーの中の画面も望遠になったり、ワイドになったりした。「ファインダーで見たままがそのまま写る」というのが売りだった。

 実写ならば、ほぼそれで間違いはなかった。

 8mm映画のフィルムは8mm幅、一コマの画面は約幅6mm高さ4mmである。ここに写り込む映像は、実は、ファインダーで見るより、広く写っている。ファインダーで見ているのは、実際に撮影される画面の一部分なのである。しかも、どのくらい広く写るかは機種によって微妙に違い、同じ機種でも、機械によって微妙に異なっていた。また、上下左右にも微妙なずれがあるのである。
 という事は、ファインダーをのぞいて画面の位置を決め、撮影しても、現像が上がってくると、撮影しようとしていた画面と若干ずれたものが写っている、という事になる。

 実写ならば、ファインダーでのぞいた画面の外側にも被写体はあるから、若干ずれて広く写っても、ほぼ見た通りのものが写ってくれている。
 しかも、8mmフィルムを映写機にかけて上映するときには、マスクがかけられて、フィルムに写っている画面よりも若干小さく切り取られて上映されるので、(このマスクの位置は上下に調整できるが、左右方向は固定である。)ほぼ見た通りが上映されると思っていい。

 ところが、アニメーションの場合は、特に平面の描きアニメの場合は、被写体の絵は、撮影画面ぎりぎりしか作っていない。幅20センチの絵の場合、上下左右の余裕は1センチくらいしか無いのが普通だ。そして、画面の上のすぐ外には、タッブの穴が空いているのである。

 当時の自主制作の作家は、たいてい、「アニメを作るぞ」というので8mmカメラを買い込み、取り扱い説明書やアニメ入門書を読みながらカメラをセッティングし、素材を置き換えてコマ撮りし、現像が上がって愕然とした、という体験を持っている。

 8mmフィルムの現像は一週間くらいかかった。最も早かった時期で2-3日だったと思う。カメラ屋にフィルムを持ち込み、一週間わくわくして待ち、出来上がるが早いかカメラ店に駆け込んで現像の上がったフィルムをもらい、家に帰って袋を開けて箱を開け、映写機にフィルムをかけて回してみると・・・なんと、画面がずれてタップが写っているではないか!

 ここで、作家は決断をせねばならない。これではダメだ、撮り直しをしないといけない。おっとフィルムを買う金がない、現像料もない。作った時にきちんと並べてあった素材は撮影の時にぐちゃぐちゃになって積み上げたままだ。大体、今から撮り直して現像に出しても、上映会に間に合わない・・・間に合わない?!!

 ええい、このまま出しちゃえ。

 と、言う訳で、初期の8mmの自主アニメ上映会には、絵の端っこが写ったのやら、タップが写ったのやら、画面全体が暗い(露出不足)、全体が明る過ぎて白く飛んでいる(露出過多)、なぜか「手」が写っている(失敗)という作品が続出し、観客も自主アニメを作った事のある「優しい人」が大変多かったので、「ああ、これは撮影が大変だったのだな、本当はこういう画面が作りたかったのだな」と、想像力で画面の足りない部分を補いつつ鑑賞する、というのが普通のパターンだった。

 この、画面のずれ(これがパララックスだ)、露出の過不足、撮影の諸失敗との戦いに勝利する為には、カメラを買った際に、フィルム一本使って、画面のずれがどのくらい出るか(目盛り付きのテストチャートを作る)、各露出段階の写り具合(半絞りずつ、実際の素材で撮影する。画面に露出値と照明のメモを一緒に写し込む)を確認してデータを残しておく。
 そして実際の撮影時には、画面のずれ分を見込んであらかじめその分ずらしてセッティングし(これが意外に勇気が要る)、露出は最適値に固定しておく。
 その上で、撮影場所には十分な余裕をもたせて、事前に出来る関連作業は全部すませておいた上で、ゆったり撮影作業する事が必要なのだが、アニメの入門書にも、カメラの取説にも、「事前にテストしておきましょう」と書いてある位で、何をどうするかは書いていないのである。

 しかも、当時の自主アニメの作家は、たいてい、「一本だけ」の人が多く、「アニメの撮影は大変だ」という思い出を残して消えて行かれる事が多かった。アニメは絵を何百枚も書くのが大変、という事もあったが、この撮影の大変さに挫折した人も多いのではないか。何しろ、8mmフィルム一本、3分20秒の撮影に、3600回シャッターを切らなければならないのだ。しかも、その間、素材の置き換えをいちいち行わなければならない。ものすごく疲れる作業であった事はまちがい無い。

 現在では、「モニターで見た画面がそのまま写る」「撮影した結果がすぐ確認できる」という時代になっており、「パララックスとの戦い」は無縁のものとなった。しかし、あの当時の一発勝負の撮影の緊張感、サークルでのグループ撮影の連帯感などはフィルム撮影独特のものだった。この時代を生き残ったかっての自主作家たちの多くが教育や制作の現場で活躍しているのは、偶然ではないと思う。
スポンサーサイト

アンケート総集編

 今はネット上に作品を上げて、見た人のコメントをもらい、反応を知る、という事が一般的になっているようですが、パソコンもネットもケータイもない70-80年代には、いったいどうしていたのでしょうか。

 実は、「アンケート総集編」というものが存在していて、ちゃーんと観客の反応が作者に伝わる、という仕組みが作られていたのです。これは、「上映会場で、観客にアンケート用紙を配る。」「配られたアンケート用紙に、上映の合間、または上映後、観客が上映会全体、または作品毎の感想を記入する」「上映会主催者は、アンケートをまとめた小冊子を作り、作者に送る。」というものでした。定期的な機関誌を持つサークルは機関誌に掲載したりもしていました。

 ほぼ上映会主催者と出品者のみに配られるものだったので、一般には知られていませんが、「これをもらう為に上映会に出品する」という、作者にとってのモチベーションの源でした。全国に散らばる作者が、すべての会場に足を運んで観客の反応を直に見る事はできませんし、また、観客席で「おーっ」という声が上がっても、細かい感想までは聞けませんので、作品の反響の記録として貴重なものでした。

 自主アニメの公開上映会が始まった頃は、上映会主催者=制作者である事が多かったのですが、上映会が大規模になり、全国でリレー上映されたりするようになる頃には、上映会の主催者と、作品の出品者が別々になり、作者は作品を出品するだけ、主催者は上映するだけという状態になりかけていました。

 この為、全国リレー上映会の出品者でかつ上映会主催側にいた人の発案で、「アンケート総集編」を作って作者に会場の反応を還元する、という事になり、80年代初めに始められたものです。

 ただし、すべての自主アニメ上映会で作られていた訳ではなく、作者寄りの姿勢を持つ上映会に限られていたようです。しかし、これがもらえる上映会ともらえない上映会では、作者の出品の意気込みも違います。

 最近では、横浜の大動画上映会と、札幌の小アニメーション大感激祭がこのアンケート総集編の出品者への配布をずっと続けていただいています。

 
プロフィール

かにの社長

Author:かにの社長
1974年頃より自主制作アニメーションを作り続けています。自称「自主アニメの岩田鉄五郎」、最長不倒記録を更新中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。